Jeroen Berwaerts

トランペット | trumpet

http://www.jeroenberwaerts.de/

Jeroen

Profileプロフィール

1975年、ベルギー出身のトランペット奏者のイエルーン・ベルワルツは、しなやかな音楽的説得力、高い技術と繊細な音楽性をもつ演奏家である。レパートリーはバロックから現代音楽、ジャズに至るまでの様々な時代や様式の作品を含んでいる。トランペット奏者としての活動をしながら、ゲント王立音楽院でジャズボーカルを修了。ピアノ、ドラムやブラスバンドと共演し、いくつものプログラムを展開する。トランペットと声を、クラシックやジャズ、その他様々なジャンルとユニークな組合せを自在に操る稀有な音楽家である。ベルギーのアルス・ムジカ、ラインガウなど、各国の国際的音楽祭に招かれている。シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、2005年には、細川俊夫のトランペットソロとアンサンブルのための作品「旅 VII」を初演。ニーダーザクセン州音楽祭では2012年サイレント映画とのコンサートを行う。また、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団、NDRハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘンシンフォニカー、ジュネス・ミュジカーレ・ワールド・オーケストラ、フランドル交響楽団などと、アラン・ギルバート、ヤコブ・クライツベルクらの指揮の下共演。また1999年からハンブルク北ドイツ放送交響楽団の首席トランペット奏者をつとめ(2014年7月まで在籍)、同オーケストラの独奏者としてもしばしば登場している。2013年9月に来日。サントリーホールで、準メルクル指揮東京フィルハーモニー管弦楽団とともに細川俊夫の新作トランペット協奏曲「霧の中で」の世界初演を行った。同作品は、2014年の3月上旬に、キールとハンブルクで、マティアス・ピンチャー指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団によって再演された。また、HK・グルーバーの "Busking"をアンサンブル・レゾナンツとの共演やアレクサンドル・メルニコフとヒンデミットのトランペット・ソナタも演奏などが予定されている。ヒンデミットのソナタは、ハルモニア・ムンディにて録音予定。CD録音も活発である。最初のCD「In the Limelight」、ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送オーケストラによるモーツァルト「ポストホルン・セレナーデ」のライブCD(RCA)録音などは高い評価を受けている。さらに2012年には、ピアニストのアレクサンドル・メルニコフと、テオドール・クレンツィス指揮マーラーチェンバーオーケストラとともに、ショスタコービッチのピアノ、トランペットと弦楽オーケストラのための協奏曲を録音した。同じ年にNEOSレーベルから、ロベルト・プラッツ指揮ルクセンブルクフィルハーモニック管弦楽団と共演での、細川俊夫の「旅 VII」を含むCDが発売されている。カールスルーエで、名高いトランペットの巨匠であるラインホルト・フリードリヒに師事した。「モーリス・アンドレ・コンクール」「ヨーロッパの若きトランぺッターコンクール」「プラハの春国際音楽コンクール」「モーリス・アンドレ・トランペット・コンクール」などで受賞している。
2008年よりハノーファー音楽大学でトランペット教授をつとめている。ヤマハのアーティト。

Belgian trumpeter Jeroen Berwaerts, born in 1975, is a paramount musical force with an all-inclusive love for music that knows not how to discriminate. Praised for his outstanding technical capabilities and sensitive musicality, his repertoire encompasses every epoch, from baroque music to contemporary music to jazz. Amidst his burgeoning trumpet career, Jeroen Berwaerts completed jazz vocal studies at the Royal Conservatory of Ghent. He has developed several programmes with piano, drums and/or brass band, where he combines trumpet and voice as well as classical, jazz and other genres in a truly unique way. Jeroen Berwaerts’ open-mindedness and resplendent playing have brought him invitations to play at internationally renowned music festivals, including Ars Musica in Belgium and the Rheingau Music Festival. He also performs frequently at the Schleswig-Holstein Music Festival, where in 2005 he performed the world premiere of Toshio Hosokawa’s Voyage VII for trumpet and ensemble, at the Niedersächsische Musiktage, where he played a concert with silent film last year, and the Takefu International Music Festival in Japan. He has also performed as a soloist with orchestras such as the Konzerthausorchester Berlin, NDR Radiophilharmonie Hanover, Munich Symphony Orchestra, Jeunesses Musicales World Orchestra and the Symfonieorkest Vlaanderen under conductors such as Alan Gilbert and Yakov Kreizberg. Since gaining the position of Principal Trumpet of the NDR Hamburg Symphony Orchestra in 1999, he has often appeared as a soloist with the orchestra. Jeroen Berwaerts started the 2013/14 season with concerts in Europe, Asia and Australia. On 5 September he gave the world premiere of the new trumpet concerto Im Nebel by Toshio Hosokawa at Suntory Hall in Tokyo, together with the Tokyo Philharmonic Orchestra conducted by Jun Märkl. In early March 2014, this trumpet concerto will also be performed twice in Germany, with the NDR Symphony Orchestra conducted by Matthias Pintscher in Kiel and in Hamburg. In Hamburg he will also be performing Busking, a composition by HK Gruber, together with the Ensemble Resonanz, as well as Hindemith’s trumpet sonata together with Alexander Melnikov. Shortly after the performance with the NDR Symphony Orchestra in Hamburg, both musicians will record Hindemith’s sonata for the label Harmonia Mundi. Jeroen Berwaerts’ first solo CD, In the Limelight, provides a stunning take on trumpet repertoire of the romantic period. RCA also released a live-CD featuring the Posthornserenade by Mozart under the baton of Günther Wand. Alongside pianist Alexander Melnikov and the Mahler Chamber Orchestra under Teodor Currentzis, he recorded Shostakovich’s concerto for piano, trumpet and string orchestra for Harmonia Mundi in 2012. In the same year, NEOS released a recording of Toshio Hosokawa’s Voyage VII featuring him as soloist with the Orchestre Philharmonique du Luxembourg. Jeroen Berwaerts had already been awarded with prizes from various competitions such as the Concours Maurice André (1991) and Concours Européen de Jeunes Trompettistes (1992) when he began studies in Karlsruhe with celebrated trumpet-virtuoso Reinhold Friedrich. He was also an award winner at the Prague Spring International Music Competition in 1997 and won the 2nd prize as well as the “Prix Feeling” (a special prize for best interpretation) at the Maurice André Trumpet Competition. Since 2008, Jeroen Berwaerts has been a Professor of Trumpet at the Hochschule für Musik in Hanover. He is a Yamaha Artist.

Back to
index
Loading