Jamie Man

作曲・指揮 | composer・conductor



1987年、イギリスロンドン生まれの作曲家、指揮者。作曲家としてイギリスだけでなく、ヨーロッパ各地のアンサンブルと協働。2013-2015年、ロンドンのマホガニー・オペラ・グループSound and Musicシリーズの作曲家として関わった。今までにロンドンロイヤルオペラハウス、オールドバラJerwood Opera Writing Programme、エクサン・プロヴァンス音楽祭、アスコ・シェーンベルク・アンサンブル、エリーク・エリークソン室内合奏団、Xenonアンサンブル、LOD(ゲント)と活動。グルベンキアン財団のサポートにより、コンサートホール上演目的とした初めてのオペラ作品「PLAY」初演。
指揮者としては、2010年にブリテン=ピアーズ財団の指揮者奨学金を受け、オリヴァー・ナッセンのアシスタントを務めた。その後、オランダ国立歌劇場にてクロード・ヴィヴィエ「コペルニクス」を指揮、オールドバラ音楽祭にも関わる。フィリップ・グラス「Les Enfants Terribles(恐るべき子供たち)」のイギリス初演を指揮。レコードレーベルAnother Timbreやオランダ・フェスティバルとモネ劇場の提携企画等で録音をしている。

Jamie Man (London, 1987) is a british-born Chinese composer and conductor. She has made work through VOX at the Royal Opera House (London), Jerwood Opera Writing Programme (Aldeburgh), Festival d'Aix-en-Provence, Asko|Schönberg Ensemble (Amsterdam), Eric Ericson Kammarkör (Stockholm), Xenon Ensemble (Berlin), LOD Muziektheater (Ghent) and the Gulbenkian Music Foundation (Lisbon) who commissioned PLAY: Episodes in Subspace (2014-6), the first of her operas created specifically for concert hall staging. Jamie was a Sound and Music embedded composer with The Mahogany Opera Group (2013-15).

After receiving the Britten-Pears Conductors Bursary in 2010, Jamie worked as assistant conductor to Oliver Knussen and later at De Nationale Opera (Amsterdam) for Claude Vivier's Kopernikus. Since then, Jamie's conducting work has included re-invitations to the Aldeburgh Music festival (Snape) in concerts with Pierre-Laurent Aimard, the UK premiere of Philip Glass' Les Enfants Terribles (London), recordings for the independent record label Another Timbre as well as La Monnaie de Munt (Brussels) in collaboration with the Holland Festival (Amsterdam).

Back to