Ryoko Aoki

能 | noh

http://ryokoaoki.net/

Profileプロフィール

日本の伝統文化と現代音楽の融合による新たな「能」の世界を国内外で発表を続ける。ヨーロッパ各都市で活躍する作曲家とのコラボレーションを行う。

東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻卒業(観世流シテ方専攻)。同大学院音楽研究科修士課程修了。ロンドン大学博士課程修了(Ph.D取得)。世界の主要な作曲家と共同で、能と現代音楽の新たな試みを行っている。2010年より作曲家に委嘱するシリーズを主催しており、2014年にはデビューアルバム「能×現代音楽」(ALCD-98)をリリースした。日本だけでなく世界の音楽祭に招待されパフォーマンスを行っている。2013年マドリッド、テアトロ・レアル王立劇場にG・モルティエのキャスティングのもと、W・リーム作曲オペラ「メキシコの征服」(P・オーディ演出)のマリンチェ役で好演。平成27年度文化庁の文化交流使に指名され、ヨーロッパで活動を展開。あいちトリエンナーレ2016で、A・デュモン作曲オペラ「秘密の閨」に主演。2017年春の三越伊勢丹JAPAN SENSESのメインビジュアルに起用された。2017年12月にはパリ・フェスティバル・ドートンヌ、ケルン・フィルハーモニーにて細川俊夫作曲、平田オリザ台本の室内オペラ「二人静ー海から来た少女ー」をアンサンブル・アンテルコンタンポランと共に世界初演を行う。また2018年1月にはフェデリコ・ガルデッラ作曲のオーケストラ曲をソリストとしてフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団と共に世界初演する。2018年2月に、2017年3月に世界初演した馬場法子作「ハゴロモ・スイート」をロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会でヨーロッパ初演した。
平成27年度文化庁文化交流使。あいちトリエンナーレ2016参加アーティスト。

Ryoko Aoki obtained a BA and a Master of Music from the Faculty of Music at the Tokyo National University of Fine Art and Music with coursework in Japanese Noh theatre (Kanze school).  She obtained a PhD at the University of London, School of Oriental and African Studies for her thesis "Women and Noh". 
She has played several traditional Noh plays, and has also challenged collaborations with contemporary composers as a Noh singer.  She has worked with Peter Eötvös, Toshio Hosokawa amongst others. She was invited to perform at Münchener Kammerorchester, ZKM, Asia-Pacific Weeks Berlin, Wissenschaftskolleg in Berlin, Freie University Berlin, the University of Bonn in Germany, Bartok Festival, CAFe BUDAPEST in Hungary, Conservatoire National Supérieur de Musique et de Danse de Paris in France, Villa Medici, Istituto Giapponese di Cultura in Italy, BBVA Foundation in Spain, Xenakis festival in NYC, California State University in US, Takefu International Music Festival in Japan amongst others. She had a concert with the Münchener Kammerorchester at the Münchener Kammerspiele in 2011.  She also had performances in Radialsystem V in Berlin during Asia-Pacific Weeks and gave Noh workshops for Sasha Waltz and Guests in 2011.  She performed Cage and Hosokawa's pieces with the Arditti String Quartet as part of their Japan tour in 2012. 
She has organised her project Noh×Contemporary Music to commission new pieces from 2010 and released her debut CD "Noh×Contemporary Music" in 2014, which includes Peter Eötvös's "Harakiri".  In 2013, she made her debut at Teatro Real de Madrid as the role of Malinche in Wolfgang Rihm's opera "The Conquest of Mexico", which was directed by Pierre Audi and organised by Gerard Mortier. 
She has been appointed "Japan Cultural Envoy" by the Agency for Cultural Affairs of Japanese government in 2015. She has been chosen as the artist in Aichi Triennale 2016.

Movie映像

Archives実績

Back to
index
Loading