Concerts

Info基本情報

開催日

2019年6月5日(水)
18:15開場 / 19:00開演

会場

渋谷区文化総合センター大和田
さくらホール
(東京都渋谷区桜丘町23−21)

チケット

一般 ¥3,500
学生 ¥2,000
*当日券は¥500増

チケット取扱

050-5582-0274(大西)
brass.ensemble.zero@gmail.com
PassMarket http://bit.ly/brasszero2019(4/1より販売開始)

※画像をクリックすると拡大されます

Outline概要

Brass Ensemble ZERO vol.8
British Sounds in Brass!!

■ プログラム
クリス・ヘイゼル:3匹の猫 – Ⅰ.ミスター・ジャムズ Ⅱ.ブラック・サム Ⅲ.バーリッジ
Chris Hazell: Three Brass Cats

アーサー・バターワース:トリトン組曲
Arthor Butterworth: Toriton Suit

G. F. ヘンデル:アン王女のためのオード「神々しいその永遠の源」
G.F Handel: Eternal Source of light divine

クリス・ヘイゼル:もう3匹の猫 – Ⅰ. フローラ Ⅱ. タビー・マウストラウザー Ⅲ. ホームプライド
Chris Hazell: Three More Cats

デレク・ブルジョワ:ウィリアムとメアリー
Derek Bourgeois: William & Mary Op.106





ブラスアンサンブル・ゼロ
Brass Ensemble ZERO
2010年、音楽大学を卒業した20代の金管奏者が集まり結成された。
伝統と革新をテーマに、音楽という答えのないものに対して、様々な可能性を考えて、沢山の方向性を見つけていこう。”ゼロから新しいモノを生み出せる” という思いが、団体名に込められている。
結成当時より、ブラスアンサンブルのオリジナル作品を定期演奏会のレパートリーの中心に据え、多彩なプログラムを組んでいる。これまでに取り上げた主な作品は、モンテヴェルディ、バッハ、ヘンデルなどのバロック時代のアレンジ作品。シベリウス、ヒンデミット、ストラヴィンスキーなどの有名作曲家が書いた金管アンサンブルのオリジナル作品。クセナキス、武満徹などの現代作品。パーカー、リチャーズ、ヘイゼルなどフィリップ・ジョーンス・ブラスアンサンブルの作品等。

2015年には定期演奏会第5回を記念して、世界的トランペット奏者、ラインホルト・フリードリッヒ氏、ピアニストの竹沢絵里子氏をゲストに招いて共演。京都、上田、東京の3都市でツアーを行う。2人の音楽性に感化され、アンサンブルの演奏水準を一層引き上げるとともに、演奏会を大成功に終えた。

2017年の第7回演奏会において、トランペットソリストのイエルーン・ベルワルツ氏を迎えて共演。彼のアイディアの下に、映画音楽を中心としたプログラムで公演を行う。「イエルーン氏の素晴らしいテクニックと音色に観客は魅了され、Brass Ensemble ZEROはあたかもイエルーン氏がメンバーであるかの様に心地よいアンサンブルを聴かせてくれた」と好評を得る。 
この演奏会でのイエルーン氏との共演がきっかけとなり、アンサンブル初のCDを氏と共に制作。2018年1月にファースト・アルバム「三文オペラ」がリリースされた。

メンバー:
大西敏幸、川田修一、重井吉彦、野田 亮、濱口勝治(Trp.)、岸上穣(Hr)、藤原功次郎、東川暁洋、越智大輔(Trb)、黒金寛行(B.Trb)、柳生和大(Tuba)

Back to
index

Schedule今後のコンサート&プロジェクト

Loading