Theaters

Info基本情報

開催日

2015年
6/25(木) 19:30開演
6/26(金) 19:30開演
6/27(土) 14:00開演/18:00開演

✳︎各回開演30分前よりホワイエでプレパフォーマンス・プレトークを行います。
6/25 劇団EgHOST 藍沢彩羽
6/26 山田宏平
6/27昼 ENTENKA
6/27夜 scscs

会場

横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

チケット

全席自由 整理券配布なし
前売 ¥3000 当日¥3500
赤レンガ倉庫割引(枚数限定)¥2500

※画像をクリックすると拡大されます

Outline概要

ダンサー捩子ぴじんの新作公演。捩子自身が出身地の秋田に住んでいた期間と、東京圏に住んでいる期間が同じになることをきっかけに、土地々々に伝わる民俗芸能のように、自身が暮らす都市から生まれる芸能を見つける試みとして始動した、シリーズ作品の第一弾。コンテンポラリーダンスを都市固有の芸能としてとらえ、横浜・東京で生活する出演者それぞれが、生活する場所に関する情報を持ち寄り、体と声をメディアにして横浜・東京のオルタナティブな地図を観客に示す。

明治維新の直後に出版された外国人向けの日本語教材-横浜ダイアレクト。本作はピジン日本語をモデルに、出演者が本番までにそれぞれ新しく習得する、未経験の所作/言語を用いて、異なる要素を混ぜ合わせることから生まれるコミュニケーションの可能性を探る。また、固有の文脈から切り離された民俗芸能や舞踊の動き、出演者の体に蓄えられたアーカイブとしての身振り手振りを、パフォーマンスとして再編・上演することを通して、わたしたちが暮らすこの場所=都市のイメージを浮かび上がらせることを目指す。盆踊りは踊れない、生まれた土地から離れた匿名の他者が集う架空の場所“カントー地方”で、都市生活者が生み出す芸能とは何か。

公演WEBサイト

Back to
index

Schedule今後のコンサート&プロジェクト

Loading