Theaters

Info基本情報

開催日

2016年
11月25日 19:30『ソコナイ図』
11月26日 14:00『ソコナイ図』 / 19:30『今日の判定』
11月27日 14:00『今日の判定』 / 19:30『ソコナイ図』
11月28日 14:00『今日の判定』

会場

森下スタジオ

チケット

一般:予約2,800円/当日3,300円
学生:予約2,000円/当日2,500円(要学生証)
2作品鑑賞共通チケット:4,600円(予約のみ
※ 日時指定・全席自由

チケット取扱

予約フォーム

※画像をクリックすると拡大されます

Outline概要

「オリンピック」と「都市における餓死」という一見全く通じるところのないテーマを扱い、全く作風の異なる今回の二作品ですが、どちらも、人が「こんなはずじゃなかったのに」と嘆く直前に訪れる眩暈の時間と捉えていただけたらと思います。よろしくお願いします。
筒井潤(dracom リーダー)

『今日の判定』
リンゴは食べもの。ではゲームは?
架空の競技に真剣に取り組む人々。彼らを突き動かす理念は…
2008年に北京オリンピックの開催を意識して発表した不条理スポーツ・フィジカル・シアター『ハカラズモ』 を改訂した新作。架空の競技への真剣な取り組みとその背後にある理念が否応なく破綻してゆくさまを、暴走するスコアボード、ルール、サインの体系を用いてユーモラスに描き出します。

『ソコナイ図』
都市で餓死は可能か?
年末と年始の境界の時間。二人の姉妹がじっと横になっている…
大阪市西成区の木造アパートを改装した小さなギャラリーで、2015年末から2016年の年明けにかけてサイト・スペシフィック・ワークとして初演し、好評を得た作品の新演出。切り詰められた台詞と引き伸ばされた時間を通して、大都市における故なき「餓死」の瞬間に実話に基づいて迫ります。

公式WEBSITE

[作・演出]筒井潤
[出演]鎌田菜都実、キタノ万里、村山裕希、大石英史、小坂浩之、長洲仁美(以上2作品出演)、
稲葉俊、松田早穂、米津知実(『今日の判定』のみ)
[舞台監督]浜村修司(GEKKEN staffroom)
[音響]佐藤武紀 [照明]吉本有輝子(真昼)
[衣装]清川敦子(atm)<『今日の判定』>、松田早穂<『ソコナイ図』>
[小道具]村山裕希 [演出助手]小嶋謙介 [宣伝美術]三澤敏博(絡繰堂)
[制作]石塚理絵、dracom制作部
[制作協力]岡村滝尾(オカムラ&カンパニー)
[主催]dracom
[助成]公益財団法人セゾン文化財団、芸術文化振興基金、一般財団法人おおさか千島創造財団

Back to
index

Schedule今後のコンサート&プロジェクト

  • NIDF logo
    Theaters

    新潟インターナショナルダンスフェスティバル2017

    [2017年9月26日(火)~12月17日(日)]
    国際的なダンスのフェスティバル

  • タンブッコA4
    Concerts

    タンブッコ来日ツアー2017

    [2017年10月23日(月)〜11月12日(日)]メキシコのパーカッションアンサンブル、タンブッコ。2年ぶりの日本ツアーです。

  • horizon3 - front
    Concerts

    HORIZON vol.3

    [2017年12月6日・2018年1月19日・2月9日・3月28日]
    近江楽堂という親密な音楽空間で開催する、リサイタルシリーズ!全4回のコンサート!

  • aoki_concert05_front
    Concerts

    トーク&コンサートシリーズvol.5 Noh×Contemporary Music 能×現代音楽

    [2017年10月15日・2018年3月4日]
    青木涼子の新しい活動の基盤となる取り組みのひとつであるトーク&コンサートシリーズ。今回は、港区と共催で再び開催する。世界で活躍する若手作曲家と共に、創作過程のプレゼンテーションと新作の演奏発表を行う。

Loading